Sharkmobが『Exoborne』を発表、崩壊した世界で超巨大嵐に突入するエクストラクションシューター

人類に牙を剥く世界の中で生き残れ

何か新しくて独創的なゲームを求める人々のために、SharkmobはThe Game Awards 2023にて、次作『Exoborne』を開発中であることを発表した。パブリッシングはLevel Infiniteが行う。

「『Exoborne』は私たちにとって単なるゲームではありません。それをはるかに上回るものです!」とSharkmobのクリエイティブディレクター、Petter Mannerfeltは言う。「制作には長い時間をかけています。このゲームの世界観やスリリングでアクション満載の遊び場を皆様に披露し、感想を聞ける日が楽しみです。」

SharkmobのCEO、Fredrik Rundqvistは制作の経緯についてこう説明した。「私たちはスタジオを設立以来ずっと、いつかオリジナルのコンセプトでゲームを作ろうと思い続けてきました。現在開発中の2本のうち、1本がこれでリリースに一歩近づいたことになります。」

『Exoborne』は回収脱出系タクティカル・オープンワールド・シューターで、現在、PC版とコンソール版を開発中だ。舞台となるのは黙示録並みの天変地異に引き裂かれ荒廃した世界。

人類最後の希望「Project Rebirth」が失敗に終わり、世界は脅威に満ちた場所へと変わり果てた。人類はかつてない存亡の危機に直面している。プレイヤーが探索することになる米国南東部では、パブリックイベントや、世界そのものがもたらす絶えず変化する脅威、そして危険なミッションが待ち受け、訪れるたびに自分だけの物語を紡いでいくことができる。

プレイヤーキャラクターは「Reborn」と呼ばれる例外的な生き残りで、埋め込まれたインプラントを介して強力な「Exo-Rig」を操る。その力を戦闘や移動に使い、独力で、あるいはチームを組んで、生き残れるかどうかはプレイヤー次第だ。

大きなリスクは時として、冒すだけの価値がある。『Exoborne』ではそれは紛れもない真実だ。嵐の中心へ乗り込むことは常に、高度なテクノロジーの遺物を見つけられる貴重な機会だ。ただし、生きて持ち帰れる保証はない。

回収してきた遺物で新しいアイテムや装備を製作すれば、予期せぬトラブルにも対処できるようになる。それだけ賭けるものは増え続けるし、すべてを失う可能性は常に存在する。『Exoborne』はさまざまな難易度でプレイ可能で、やりごたえと満足感を約束してくれるエンドゲームコンテンツも提供される。

関連ストーリー

Sharkmobが考える「楽しさ」 – 『Exoborne』のアポカリプス

Sharkmobが考える「楽しさ」 – 『Exoborne』のアポカリプス

12/25/2023

このサイト
クッキーを使用

サードパーティパートナーからのものを含め、このWebサイトではCookieを使用して、エクスペリエンスを改善し、Webサイトの機能と使用法を最適化および分析し、興味があると思われる広告を配信します。 Cookie Policy and Privacy Policy.